海辺の街サントスで日系人に心を寄せる

 サントスはサンパウロから南方60キロに位置する、ポルトガルの植民地時代から港湾都市として栄えてきた街です。


 サンパウロからだと、車で1時間半ほどで着きます。そろそろ残暑。残り少ない夏を惜しむかのように、ビーチには波で戯れたり、日光浴を楽しんだりする人でいっぱいでした。


d0359230_09263862.jpg
 
 私たち夫婦は、水着も持って来なかったので、ビーチをぶらっとした後は、その近くの丘までケーブルカーで上がってみることにしました。


d0359230_09274434.jpg
 ここからの風景は、まるでホノルルのよう。

 そこでは、パラグライダーを楽しむ人々の姿が。なかなか風をうまく捕えるのが難しいようです。何度も挑戦する方もいらっしゃいました。

d0359230_09281498.jpg

 このサントスの港には、ドイツの倉庫に置かれっぱなしの私たちの船便も、いずれ着くことになります。このまままっすぐ行くと、ヨーロッパに行けるの??と思わず夫に聞く私。

d0359230_09265567.jpg


 いえ、まっすぐ行くと(行けるかどうかはわかりませんが)、どうもアフリカ大陸らしいです。残念・・・


 そしてこのサントス、かつては日本からの正式移民が到着しているところでもあります。最初が1908年ですので、今から100年以上も前の話です。

 
 先日お会いした日系1世の方は、福島のご出身でしたが、横浜から神戸、沖縄を経て西回りでサントスに到着したとおっしゃっていました。56日掛かったそうです。

 
 当初はコーヒー農園での仕事を目指して来られた方々。その多くが、色々あって、結局はコーヒー農園を出て、自作農へと転換をされたと聞いています。


 現在ブラジルで栽培されている農産物の多くは、日系人が品種改良などを通じて栽培に成功したものだそうです。


 ドイツではあんなに高価だったゴボウや、見かけることのなかったお野菜(みょうが)なども、この方々のお力が無ければ、今、私たちがブラジルで口にすることはなかったでしょう。

d0359230_09341533.jpg
d0359230_09294597.jpg

 お会いした数少ない日系1世の方は、どの方もとても温かく優しくて、ご自分の苦労を語るようなことはされません(それほど長くお付き合いもしていませんが)。むしろ、私たち若い世代が、遠く離れた日本からブラジルにやってきて、仕事をしていることを誇りに思ってくださっている感もあります。


 この方々の苦労に思いを寄せると、私が置かれている状況、例えば、住むところや車を与えられている、会社に守られている、ネットでいつでも情報が得られる、いざとなったら日本にいつでも帰られる・・・などなど、当たり前に思っていることが実はとても恵まれているということ。そして、それにも拘わらず、不平不満を言っている私がいかに甘えているのかを目の当たりにして、とても恥ずかしく思うのでした。 

[PR]
# by saopaulo0321 | 2017-04-24 10:17 | Comments(0)

Centro(旧市街)を歩く・その②

 休憩を終えて、別の大通りに出ることにしました。薄暗くなると裏通りはやっぱり危ない気がします。


 ずんずん歩くと、何やら別の音楽が聴こえてきました。

d0359230_23165582.jpg

 大通りに人だかりが。よく見ると、何かのデモ行進でした。


d0359230_23180307.jpg

d0359230_08395718.jpg

 街宣車の中で演奏をする人々。政治的なデモみたいですが、音楽はとても陽気です。


d0359230_08393163.jpg
 
 この人を弾劾しているみたいですが、誰かはわからず・・・


d0359230_23184359.jpg

 みんな後を続きます。なんだか楽しそうな感じも漂ってきます。


d0359230_08391367.jpg

 喉が渇いたときのために、飲み物屋台も続きます。


 デモ行進を見るのもあきたので、セントロからセー広場(Praca da Se)を通って、リベルダージまで歩くことにしました。

d0359230_21534534.jpg
 

 途中、サンパウロ市立劇場があったり。こういう建物を見ると、ヨーロッパを懐かしく思ってしまいます・・・


d0359230_21581925.jpg


d0359230_21584928.jpg


 どなた~??


d0359230_21594827.jpg

 
 こちらはカテドラル・メトロポリターナ。大聖堂とは思えないほど、辺りはとても怪しい雰囲気を醸し出していました。


d0359230_22013496.jpg

 
 この教会を通り過ぎたあたりから、ほぼ真っ暗。リベルダージまでGoogle mapで位置を確認しながら歩きます。スマホを持つ夫を守るように、辺りに注意をはらう私はまるでSP気分。


 途中、暗闇の街角に立つ女性の姿が何人も見られました(年齢もさまざま)


 10分ほどでリベルダージに到着。ここまでくると、お店もたくさん開いていて安全感が増します。

 
d0359230_22015091.jpg

 「実力SHOW」?って何かと思ったら美容室でした。


 リベルダージで、お薦めと聞いた和食屋さんで食事をしましたが、あまりの激マズに再訪はしないでしょう。終わり。 

[PR]
# by saopaulo0321 | 2017-04-21 14:44 | Comments(2)

水着を買う

 今週末も3連休のブラジル。当初、旅行の予定は入れてなかったのですが、サンパウロにいても時間をもてあますので、どこか行きたいなぁと・・・となれば、やはり最初に行くべきところはリオデジャネイロ。



 リオに何があるのかもよくわかっていないけれど、とりあえず旅行会社に問い合わせ。すると、思った以上に安いチケットが取れたので、ラッキー!




 リオとなると、やっぱりコパカバーナ。海、ビーチ、プール(サイド)好きの我が家(私は泳いだりはしませんが)。こういうときだけは気が合います。




 でも、水着が無い!夫はしっかり手荷物で持ってきている模様。私はAIR便に入れたまま。こんなすぐに旅行するとは思わなかったしねー。




 で、「わたし、水着無いわぁ・・・」って軽くすねると(笑)、「買いなさい」と神のお声!




 早速、今日、以前から目をつけていた(笑)水着ショップ?にお出かけしてきました~。





 ブラジルは、以前も書いたかもだけど、水着がオシャレ~!可愛い~!でもサイズがあるかどうか一抹の不安。





 ほとんど英語が通じないので、身振り手振りで、ショップのお姉さんとやりとり。結果、私サイズもあって良かったです。





 半額になっていた商品もあって、2着も買ってしまった~!


d0359230_06325088.jpg

d0359230_06331052.jpg

 ワンピースタイプもあったけど、ここは潔くビキニよね~。



 そしてブラジルと言えば、Melissa。日本でもおなじみのブランド。ビーサンも必要なので、ここで調達。

d0359230_06361094.jpg

 日本で買うより安い(はず)です。




 で、どうしても確認しておきたかった事項。水着の下に、インナーショーツって、日本では当然穿くし、普通にショップで売っているけれど、ここでは無さそう。お姉さんに聞くのだけれど、一向に分かってくれない。そもそも、ブラジルではそんな習慣ないのかな。水着の下に何か穿く~??って怪訝な表情をされてしまった。その後、ランジェリーショップに行って、同様の質問をしても、まったく理解されず。パンストを持って来られてしまった・・・




 やっぱりブラジリアンワックスしてから行くべきかどうか、、、悩みます。

[PR]
# by saopaulo0321 | 2017-04-19 06:44 | Comments(0)

Centro(旧市街)を歩く・その①

 3連休が3週続くブラジル。我が家は特に旅行の予定もないので、サンパウロ市内を見て回ることにしました。


 夫がいると、普段一人で行けない場所でもまぁ大丈夫だということで、この週末はセントロ(旧市街)に行くことに。


 このセントロ、以前お会いした日系人の方(若い男性)が、白昼の人混みの中で背後から拳銃(らしきもの?)を突き付けられ、お財布とスマホを盗られた場所。そういうときは、決っして騒がず、相手の言う通りに金品を差し出すしかないそうです。さもないとホンモノの拳銃だったら、人混み関係なく撃たれるらしくて・・・ちなみに、周囲は強盗に気がついていたらしいですが、皆、見て見ぬふりだったとか。


 セントロはそんな危険も起こりうる場所ですが、なんといっても旧市街。地球の歩き方でも最初の方で紹介されるようなところです。一度は行っておかないといけません。


 電車を2本乗り換え、危険と言われる赤の路線にあるRepulica駅で降ります。一人ではないとはいえ、少しドキドキ。

d0359230_22054184.jpg
 
 エレベーターは左側通行です。


 地上出口を探します。間違って危険なところに上がらないようにと思っていたら、ちょうど警官が通りかかったので、後に続くことにしました。

d0359230_22081111.jpg
 上がると、そこは

d0359230_22084956.jpg
 屋台でした・・・緊張も一気にとけるくらいの、ゆる~い雰囲気で。

d0359230_22094091.jpg
 黄色い屋台がずっーっと続いていました。

d0359230_22095220.jpg
 周囲には高層ビルも建っています。中央右側の建物はEdificio Italia(イタリア ビル)です。


 屋台には興味ないので、大通りを渡って裏道っぽいところに入ってみます。

d0359230_22113468.jpg
 少し歩くと、生演奏が聴こえてきました。

d0359230_22114885.jpg

 おじさんバンド。喉も渇いていたので、ここで早速休憩(笑)


d0359230_22120422.jpg

 ビールを注文すると、バケツにどーんと3本。飲んだ本数だけ、後から精算するタイプ。ちなみに、栓は手で開けられるくらい緩いです。衛生的にどうなんでしょう・・・(気にせずバンバン飲んでますけど)


d0359230_22153115.jpg

 そして踊り出すお客さんたち。有名な曲なのでしょうか?サンバっぽい曲が演奏され始めると、皆んな大合唱。ダンスも歌も上手、下手関係なく、好きにやっている感じ。リラックスした雰囲気がとっても南米ぽいなぁと思った瞬間でした。


d0359230_22230597.jpg

 家族連れも多かったです。


 そろそろ日も暮れかかる時間でしたが、この後まだまだセントロ散策は続きます。 
 (続く・・・)


[PR]
# by saopaulo0321 | 2017-04-17 12:25 | Comments(0)

初めての土地でお友達をつくる

 サンパウロに異動が決まった当初、それほど不安にならなかった理由の一つに、知り合いがいたということがあります。その方とは、もともとドイツでご一緒した仲。先にこちらに移って来られていたので、とても心強い存在でした。


 それと有難いことに、ドイツに住むお友達や、日本のお友達から、サンパウロに住まう(もしくは住まれていた)方々を紹介してもらったりしたので、まだ来て早々ですが、それほど孤独感を味わうこともなく過ごせています。


 あとはやっぱり年齢も大きいかなぁと・・・もし今よりもっと若ければ、きっと焦っていたかもしれません。今は、お友達いなくても、別に良いかな・・・もしくは、気の合わない方と付き合うくらいなら、一人の方が楽と思っている節もあります。

 
 ただ、もし子供がいたりして、学校関係のママ友がいれば、もっと情報交換は盛んだったかもしれないとは思います。ママ友の情報ほど強力なものはないですからね・・・ただ今は、ネットもあるので、ママ友はいなくても簡単に情報は手に入ります。そう考えると、一昔前のネットもない時代、海外に住まれていた方々は、情報交換ができる仲間がいないと本当に大変だったのでしょうね。

  
 さてそんな中、ひょんなことから、ある女子会にお誘いいただくことに・・・メンバーは同じような立場の女性(ご主人が駐在)と働く女子。合計7名。大体同年代。そして、そのうち6名が関西人(笑) 

 
 関西人って、初対面のときから関西弁バリバリとそうでない場合とわかれるみたいで。私は前者ですけれど・・・皆、出身が分かってからは関西弁でしゃべるしゃべる。関東出身の方に申し訳なかったかなーーーー。


 そんなこんなで、来て早々に楽しいメンバーとも知り合えて、良かったなぁと。あとは、ゆるりと知り合いを増やしていけたらと思っています。

 
 初の女子会は、Buffet式ブラジル料理。お天気もまぁ良かったのでお庭でいただきました。場所柄か、ビジネスランチにも使われている様子でした。

d0359230_09150609.jpg
d0359230_09143113.jpg
d0359230_09144406.jpg




 

[PR]
# by saopaulo0321 | 2017-04-16 09:21 | Comments(0)

サンパウロの暮らしぶりを届けます


by saopaulo0321
プロフィールを見る
画像一覧